【旅行記録】ドイツミュンヘン① 世界コンベンション入賞《オクトーバーフェスト》

旅行記録

皆さん、こんにちは。

元外資系ホテルマンのマイルトリップです。

今回は【ドイツミュンヘン①世界コンベンション入賞《オクトーバーフェスト》】の時の様子をお届けします。

昨年、10月に行われた世界のFP(ファイナンシャルプランナー)が集う世界コンベンションに参加させて頂きました。

日本からは約20名、韓国、中国、香港、シンガポール、そしてアメリカ、ヨーロッパと全世界から集まりました。

とても刺激になりました。

世界中から集うFPコンベンションに参加した理由

ブログで何度もお伝えしている通り、日本の「金融教育」はまだまだ行き届いていません。

私自身も28歳まで【投資】や【経済】について詳しくありませんでした。

一つのキッカケとなったのが【海外の商品を知ったこと】です。

日本の商品と比較した時にパフォーマンスや仕組みが全く違ったのです。

そこで取り扱うことになった商品があり、成績優秀者が招待されるコンベンションに参加資格を頂くことができ参加する流れとなりました。

本当に大好きな会社、商品です。

約1週間の滞在期間があり、研修やミーティング、有名な城を見学、そして最終日の夜にコンベンションの表彰式がありました。

オクトーバーフェスト

ちょうど行った時に開催していたのが【オクトーバーフェスト】です。

上の写真は私が持参したコスプレではありません。w

会社より支給されみんな同じ格好でオクトーバーフェストに参加しました。

【オクトーバーフェスト】

ドイツ、バイエルン州都ミュンヘンで開催される世界最大規模の祭り。
1810年以来、ミュンヘン市内中心部のテレージエンヴィーゼ手レージエンヴィーと呼ばれる広大な場所で9月半ばから10月上旬に開催される。
毎年約600万人が訪れる。
※今年はコロナウィルスの影響で中止

日本でいうところの「お花見」に近いイベントです。

民族衣装みたいな感じです。

基本的に何を着ても良いのですが、私も着た民族衣装を着た人が多かったです。

オクトーバーフェストと言えば、【ビール】です。

私はビールがとても苦手です。w

さすがにドイツまできたら飲もうと思い、

飲みました。w

しかし、ジョッキがでかいんです。

1リットルくらい入るのかな。

ドイツ人は水を飲むかのように飲んでいました。

ドイツのビールはアルコール度数が高いみたいで、すぐに酔っ払いました。

色んなイベントやこういった馬と写真撮ったりできるところも。

5つ星ホテル【ソフィテルホテル】

宿泊したホテルは5つ星の【ソフィテルホテル】です。

ミュンヘン中央駅から歩いてすぐのロケーションです。

観光客にも便利な立地です。

【ソフィテルミュンヘンバイエルポスト】

ソフィテルミュンヘンバイヤーポストは、もともとバイエルン州の中央郵便局だった建物を改装し、ホテルとして生まれ変わった場所。
外観はとても重厚感がある雰囲気で、一歩中に入ると一変してとてもモダンでスタイリッシュ。
建物のもつ上品さとホテルの都会的な文化の両方を味わうことができる。

部屋はスタンダードツインルーム。

アメニティは【エルメス】を採用していました。

客室数は全396室。

8階には建物の構造を生かしたメゾネットスイートがあり、ミュンヘンの街並みをアルプスなどの眺めを楽しむことができます。

今回は宿泊費は会社持ちだったので支払いをしていません。

通常ですと、約2.5万円から宿泊できるようです。

ホテル内のレストラン

【DELiCE for brasserie】

カジュアルエレガントなフレンチのお店です。
《営業時間》
11:00~23:00

【Schwarz & Weiz】

豪華な朝食ブッフェを堪能することができます。
中でもクロワッサンはミュンヘンで1番美味しいと評判です。
《営業時間》
月曜日~金曜日 6:00~11:00 
土曜日 6:30~12:00 
日曜日・祝日 6:30~13:00

【IsarBar】

ミュンヘン中心部を流れるイザール川にちなんで命名されたIsarBar。
多国籍のビールやワインを楽しみながら旅の疲れを癒してはいかがですか。
《営業時間》
月曜日~金曜日 8:00~25:00 
土曜日・日曜日・祝日 9:00~25:00

まとめ

今回は私がコンベンション参加した時の【オクトーバーフェスト】と【ホテル】【レストラン】のご紹介でした。

ドイツの旅】で過去に行った経験がありましたが、行くメンバーとオクトーバーフェストの雰囲気など楽しみ方が違って楽しかったです。

約1年前のことですが、今でも鮮明に記憶されています。

次回はミュンヘンの街の様子、そして最終日の表彰式の様子をお届けしていきたいと思います。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

[contact-form-7 404 "Not Found"]

コメント