【発表】ヒルトンの最上級ブランドホテル 2026年にオープン

ホテル

皆さん、こんにちは。

元外資系ホテルマンのマイルトリップです。

今回は【ヒルトンの最上級ブランドホテル 2026年にオープン】です。

1893年、米国ニューヨークで開業した「ウォルドーフ・アストリア」は世界のランドマークとなる場所で、現在32軒を展開しているヒルトンの最上級ラグジュアリーホテルブランド。

食へのこだわりを約束する特別な空間と、ひとりひとりに合わせたきめ細やかなサービスによって、訪れた人に“生涯忘れられない体験”を提供しています。

日本初上陸に選んだ地は、東京の日本橋。

「ウォルドーフ・アストリア東京日本橋」は、三井不動産とのブランディング及びマネジメント契約締結によって、実現することとなりそうです。

日本橋駅から直結、新たな構想ビルの上層階に

「ウォルドーフ・アストリア東京日本橋」は、2021年度工事着工予定の「日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業」におけるオフィス、商業店舗、サービスアパートメントが入る複合施設の39階から47階までの9フロアに展開予定。

東京駅からは徒歩圏内であり、東京メトロ銀座線および東西線、都営浅草線「日本橋駅」からは直結という、様々な観光スポットへのアクセスに便利な場所です。

近くには「COREDO日本橋」もあります。

60㎡以上のゆったりとしたキングルーム含め全197室の客室に、3つのレストランとウォルドーフ・アストリアの象徴でもあるラウンジ&バー「ピーコック・アレー」のほか、屋内プール、スパ、フィットネスセンター、宴会場、チャペルを備える予定です。

アクセス

羽田空港から約20kmの距離に位置し、東京駅から徒歩圏内にあることに加え東京メトロ銀座線および東西線、都営浅草線「日本橋駅」直結、様々な観光スポットへのアクセスに便利な立地です。

どこからでもアクセスができる立地ということで、訪日外国人観光客などにも人気がでそうです。

ヒルトン会員の特典

ヒルトン会員】の特典についてはこちらでも解説しています。

大きな特典としては、この3つです。

✔︎レイトチェックアウト(シルバー会員以上)

✔︎朝食無料サービス(ゴールド会員以上)

✔︎エグゼクティグラウンジの利用(ダイヤモンド会員)

今回のウォルドーフ・アストリア東京もヒルトン会員は特典を受けれることを考えると、今のうちから会員になっておいても損はないでしょう。

特に海外のホテルは、会員に対して優遇してくれます。

私の知り合いの会員も、口を揃えてみんな同じことを言います。

常宿を作る

ホテル好きな人は絶対に【常宿】があります。

なぜかというと、《お得で優遇されること》を知っているからです。

私自身、ホテルマンとして約4年間働いた経験から、一般客と常顧客とのサービスの違いが分かります。

常連のお店があるような感じでしょうか。

その場所に行けば、安心感と知ってもらっていることの優越感を感じることができ、より快適な宿泊をすることができるのです。

言ってしまえば、「えこひいき」です。

航空会社も同様、常顧客に対して良いサービスをしてくれます。

SFC会員】でたくさんサービスを受けることができました。

また以前にもご紹介している【SPGカード】は持つだけで、マリオットゴールド会員になることができます。

GoToキャンペーンもあるので、国内旅行するのに大きな武器になってくれるのは間違いありません。

まとめ

【ヒルトンの最上級ブランドホテル 2026年にオープン】についてでした。

ホテル好きな人にとっては楽しみなニュースです。

今後、ホテルステイを楽しみたい方はぜひ【ヒルトン会員】や【SPGカード】を検討してみてください。

たくさんの恩恵とサービスを受けることができるでしょう。

ただし、年間1,2泊程度ですと年会費等を考えるとペイできるか怪しいところ。

年間5泊以上する人にはおすすめです!

GoToキャンペーンも利用して、旅行とホテルを楽しみましょう。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

[contact-form-7 404 "Not Found"]

コメント