【ブラックカード】最上級アメックスセンチュリオン会員になる方法教えます

クレジットカード

皆さん、こんにちは。

元外資系ホテルマンのマイルトリップです。

今回は【最上級アメックスセンチュリオン会員になる方法】について解説していきます。

こんな方は是非ご覧ください。

✔︎アメックスセンチュリオン会員になりたい

✔︎ブラックカードが欲しい

✔︎

日本で7,000人しか持っていないと言われている【アメックスセンチュリオン会員】。
世の中にブラックカードと呼ばれるカードはいくつもありますが、その中でも希少性が高いと言われています。

アメックスセンチュリオン会員とは

【アメックスセンチュリオン会員】をご存知でない方に向けて、説明したいと思います。

【アメックスセンチュリオン会員】

アメックスカードの最上級に位置するブラックカード。
インビテーション制で、日本では約7,000人しか持っていないとも言われている。
※噂です

【入会金】
50万円

【年会費】
35万円

クレジットカードに興味がない人にとっては、意味不明な金額でしょう。w
私の知り合いにも数名、センチュリオン会員はいますが、全員経営者です。

特典はアメックスプラチナ+@といった感じです。

アメックスプラチナアメックスセンチュリオン
マリオットボンヴォイゴールドエリートゴールドエリート
ヒルトンゴールド会員ダイヤモンド会員
シャングリラジェイド会員ダイヤモンド会員
IHGリワーズクラブプラチナエリート

航空会社の特典も。

エミレーツ航空の上級会員「エミレーツ・スカイワーズ・ゴールド」を無条件で取得。
満席時の座席補償、ビジネスクラスラウンジ利用、優先手荷物サービスなどの特典を利用できる。

コンシェルジェ経由で普通席の国内航空券を購入すると、JALはファーストクラスに、ANAはスーパーシートプレミアムに無償でアップグレードされる。

またアメックスを介して対象路線のビジネスクラス以上の往復航空券を購入すると、空港-ホテル間などの無料送迎サービスを利用できる。

などなど、上記以外にもたくさんのメリットがあります。

アメックスセンチュリオン会員になる方法

アメックスを象徴するカードと言えるが、その情報は同社公式サイトにはなく、カード保有者からの伝聞に頼るしかないのが現状。
年収条件や審査基準、年会費などの基本的スペックに関しても、そうするほかないようだ。

ある調査によると、会員の平均世帯年収は1億9,800万円とも。
会員の約半数は、会社オーナー(共同オーナーを含む)だそうだ。

「アメックス・プラチナ」が富裕層向けカードだとすれば、「アメックス・センチュリオン」は超富裕層向けカードと言っていいだろう。

インビテーションは審査ではないが、事実上インビテーションが届いた段階で審査はほぼ済んでいると考えていいだろう。
さまざまな口コミを見ると、「アメックス・プラチナ(アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード)」の利用状況が以下のような人が対象になっているようだ。

  • 5年以上保有(できれば10年以上)
  • 年間利用額2,500万円以上
  • 通算利用額1億円以上

ただし、年間利用額1,200万円、通算利用額5,000万円程度でインビテーションが届いたという話もある。
これは、職種や保有資産などの属性がかなり優良だったと考えるべきだろう。
たとえば、月間50万円~100万円程度を利用する人で、経営する会社が東証一部に上場した場合など。

こうみると、ハードルが劇的に高いことがわかります。
しかし、裏道ルートがあるんです。
そのルートを使えば、すぐにセンチュリオン会員になれます。

プライベートバンクを作ればセンチュリオンカードが発行できる?

長年、センチュリオン会員を目指している方には、朗報です。

実は、あるプライベートバンクを作ることでセンチュリオン会員が発行されます
そのコネクションを私は持っています。
プライベートバンクに入金する額や、諸条件はありますが、このルートであればセンチュリオン会員になることができます。
気になる方は、直接問い合わせください。

まとめ

【アメックスセンチュリオン会員になる方法教えます】について解説してきました。

【今日の内容】

・入会金50万円、年会費35万円の最上級のブラックカードアメックスセンチュリオンカード

・5年以上、年間利用2,500万円、通算利用額1億円以上

・プライベートバンクを作ることで、アメックスセンチュリオン会員になれる

上記の条件でなくても、アメックスセンチュリオン会員になっている人も中にはいるようです。
全貌が明らかになっていないところも、希少性が高い理由でしょう。

そして、プライベートバンクを作ることでアメックスセンチュリオン会員になれるので、ご興味のある方はお問い合わせください。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

[contact-form-7 404 "Not Found"]

コメント