【謎】なぜクレジットカードの審査通らない? 〜遅延、延滞はダメ、絶対〜

クレジットカード

みなさん、こんにちは。

旅するお金の専門家、だいすけです。

今回は【なぜクレジットカードに審査通らない? 〜遅延、延滞はダメ、絶対〜】について解説してきます。

こんな方はぜひご覧ください。

✅過去にクレジットカード申込をして審査落ちした

✅現在クレジットカードやローンの審査が通らない

✅今後審査落ちしたくない

昔、クレジットカード審査落ちしたことがありました。

私

なるほど。

審査に関しては各会社審査基準などを開示していないので、「なぜ私が…」と思われる方もいると思います。

その時はすごい不安になったのを覚えています。

私

今回はクレジットカードの審査の秘密について解説していきましょう。

なぜ審査通らないことがあるのか

私

審査が通らないと不安ですよね。

各会社、審査基準が違いますが、共通していることもあるんです。

信用情報機関が存在する

実は、クレジットカード情報や携帯電話の割賦販売、奨学金などの情報は信用情報機関にすべて保存されているんです。
その情報を元に、遅延や延滞金があるか調べることができるのです。

大きく分けると3つの機関があるので紹介していきます。

CIC(株式会社シー・アイ・シー)

CICの主な加盟会社は、信販会社・百貨店・専門店会・流通系クレジット会社・銀行系クレジット会社・家電メーカー系クレジット会社・自動車メーカー系クレジット会社・リース会社・保険会社・保証会社・銀行・消費者金融会社・携帯電話会社などです。

JICC(株式会社日本信用情報機構)

JICCの主な加盟会社は、消費者金融会社、流通系・銀行系・メーカー系クレジット会社、信販会社、金融機関、保証会社、リース会社などです。

JBA(全国銀行個人信用情報センター)

JBAは、国内で活動する銀行、銀行持株会社および各地の銀行協会が加盟しています。

自分の信用情報について調べる場合、銀行からの借り入れについてはJBAに、クレジットカード会社からの借り入れについてはCICJICCに、消費者金融からの借り入れについてはJICC(またはCIC)に開示請求をすることになります。

調べたい会社がどこに加盟しているかわからない場合や多数の借り入れがありすべてを調べたい場合にはCIC・JICC・JBA3つの信用情報機関とも開示請求をすることも可能です。

遅延、延滞はダメ、絶対!

こんなに色んな機関があるんですね〜!

私

私自身もすべて取得したことがあります。

過去7年分くらまで遡ることができるので、「いつ」「どこで」など情報がすべてわかります。

えぇ〜!
そんなに遡れるんですね!

私

言えることは「遅延、延滞はダメ!絶対!」ということです。

今後、住宅ローンを組む際や、借入をする際などにも影響が出る可能性があります。

審査通すためにできること

やはり遅延や延滞は大きな影響があるんですね。

私

間違いありません。

1度の遅延、延滞のみでしたらそこまで影響あるわけではありません。

2,3度以上の遅延、延滞があると審査に影響が出ると思われます。

遅延、延滞以外に気をつけなければならないことを見ていきましょう。

複数枚申込み

クレジットカードを一度に複数申込みすると審査が通らないことあります。
なぜかというと、「多重申込みは審査に困っている可能性がある」と思われるから。

2枚くらいであれば問題ありませんが、3枚以上は一度に申込しないようにしましょう。

虚偽

これも問題です。
例えば、年収を少し多く盛ったり、借入があるのに「0」と記入したりすると審査で落とされる可能性があります。

上記でも述べているように、信用情報は全て管理されています。

携帯電話の割賦販売も注意

意外とクレジットカードの審査、ローンの審査に落ちてしまう人の中に多いのが、携帯電話の割賦販売です。

割賦販売とは、売買代金の支払いを分割して支払うことを条件とした販売方式です。
携帯端末を割賦販売で購入されている人は、信用情報からすると「借入」というものになります。
ただ、金額がそんなに大きくないので、これがあることで審査に通らなくなることはありません。

まとめ

【なぜクレジットカードに審査通らない? 〜遅延、延滞はダメ、絶対〜】について解説をしてきました。

【まとめ】

✅信用情報機関に全て登録されている

✅遅延、延滞はダメ!絶対!

✅複数申込み、虚偽申告は危険

なぜ私がここまで詳しいかというと、昔審査に通らない時期があったからです。
その時に、何が原因でどうしたら解決するのかを徹底的に調べました。

事業主の人は、借入を必要とするケースもあると思います。
そんな時に「お金が借りれない!」や「クレジットカードが作れない!」と大変なことになります。

もしクレジットカード審査に落ちたり、ローンが通らない場合は信用情報機関に問い合わせをしてみましょう。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

[contact-form-7 404 "Not Found"]

コメント