【比較】会社員の年収1,000万vs中小企業社長の年収1,000万 どちらがより有利か?

経済

皆さん、こんにちは。

元外資系ホテルマンのマイルトリップです。

今回は【会社員の年収1,000万vs中小企業社長の年収1,000万 どちらがより有利か?】についてです。

こんな方は是非ご覧下さい。

✔︎これから独立、起業を考えている

✔︎何が違うのかよくわからない

私自身も小さい会社の経営者として、日々活動をしています。

昔の友人からこんなことを言われることも珍しくありません。

友人
友人

おまえって、年収っていくらなの?

元ホテルマン→起業したので、興味があるのは理解できます。

しかし、【年収を聞いても意味がない】のです。

なぜかと言うのは、これからお話ししていきたいと思います。

会社員の年収1,000万

平均年収450万円と言われている日本。

年収1,000万円を超えている人は、人口の4〜5%程と統計で出ています。

1,000万円を超えると言うのは、相当なエリートに当たるのです。

しかし、実際にもらえる金額はいくらでしょう??

ざっくりですが、約750万円前後です。

健康保険、所得税、住民税などがこのくらいの金額になると、大きくのしかかってきます。

【メリット】

・給与は一定

・仕事が安定的にある

・いきなり減ることはない

とにかく【安定】しているのが特徴でしょう。

歩合制の仕事されている方は、上下はあるかもしれません。

【デメリット】

・ある程度上限がある

・時間の制限がある

・視野が狭い

一番は、【時間の制限】でしょう。

会社に拘束される時間が長いでしょうから、どうしても「Time is money」の働き方になります。

また、外部との関わりが多くないことから、視野を広げるのが難しい点もあります。

中小企業社長の年収1,000万

皆さん、中小企業社長がどのようにして給与を決めているか、ご存知でしょうか?

それは

自分が好きなように決める

です。

それだったら、いくらでも年収あげるじゃん!

と言いたい方もいるでしょうが、そうではありません。

給与の決め方は以下の通り。

売上-経費=【利益

仮に1億円売上があり、経費が8,000万ある場合

1億円-8,000万=【2,000万】

この2,000万会社の利益として残すor社長の給与にするのか?

要するに、どう振り分けても構わないということ。

ざっくりいうと、法人税率は約30%程、所得税最高税率55%(住民税含め)になります。
※個人所得税率は金額により上下します

基本は会社に利益を残す方が、税金的には得をします。

【年収を聞いても意味がない】とは、【年収はコントロールできる】ということです。

会社にたくさんお金を残そうと思えば、社長の給与をあえて抑えている人もいるでしょう。

【メリット】

・給与をコントロールできる

・交際費が使える

・社長の給与+会社経費が使える

例え給与が1,000万だったとしても、使えるお金をそれ以上にあります。

交際費も資本金1億円以下の企業であれば、年間800万まで使うことが許されています。
※仕事として活動した経費

また、法人保険、法人契約の車なども会社で買うことができます。

オーナー企業社長(創設者)は財布が2つ(会社と個人)ありますが、実質1つです。

会社の財産は社長の財産でもあるのです。

【デメリット】

・売上が不安定

・仕事が不安定

・誰も守ってくれない

基本的に【不安定】なのが中小企業の社長です。

いつどう転ぶかわからない中で、日々仕事をしています。

従業員を養っていかなければいけないストレスもあるでしょう。

その見返りに、時間的拘束が無かったり、青天井の収入を手にする可能性があるわけです。

あなたは会社員の年収1,000万と中小企業の年収1,000万、どちらが良いですか?

まとめ

【会社員の年収1,000万vs中小企業社長の年収1,000万 どちらがより有利か?】についてお話をしてきました。

結論

どちらが自分に合うか

でしょう。

しかし、より自由に生きたり、やりたいことをやれるのは【中小企業の社長】なのかなと思います。

従業員をたくさん抱えていれば、また話は変わってくると思います。

私自身、【いかに自由に生きるか】をテーマにしているので、スモールチームでやることに徹底しています。

結局、自分がどう生きたいかによりますね。

皆さんの参考になればと思います。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

[contact-form-7 404 "Not Found"]

コメント