【宿泊記】 元インターコンチネンタル社員が泊まる ANAインターコンチネンタルホテル別府リゾート

ホテル

皆さん、こんにちは。

元外資系ホテルマンのマイルトリップです。

今回は【ANAインターコンチネンタルホテル別府】の宿泊記をお届けしたいと思います。

先日、諸用があり大分県別府市の方に行った時に宿泊したホテルです。

元インターコンチネンタルのベルボーイとしてはとても興味があったので宿泊することになりました。

結論、素晴らしい景色とサービスを堪能できるホテルでした。

ANAインターコンチネンタルホテル別府

世界初の国際ホテルブランドであるインターコンチネンタルホテルズ&リゾーツは、古くから受け継がれてきた優雅なたたずまいや都会的な上品さを備えたシティホテルや、南国の海岸にあるリゾートなど、個性的なスタイルを提供する、旅慣れたお客様のための理想的なご滞在を提供するブランドです。

私自身も4年間、このインターコンチネンタルホテルのベルボーイとして勤めていました。

そんな元社員の私が今回宿泊したのが、【ANAインターコンチネンタル別府リゾート】です。

海と山に囲まれ、豊かな湧水量とバラエティに富んだ泉質を持つ奇跡の温泉地、別府。

世界に誇るべきこの自然の遺産を、コンテンポラリー&ラグジュアリーというコンセプトのもとでかつてないリゾート体験へと昇華させたのが、ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパです。

エントランスをくぐりぬけた瞬間から、日常を忘れさせてくれる別世界へ案内してくれます。

開放的な客室は全89室。

絶景が広がるインフィニティプール、スパ、露天風呂や温泉施設、4つの会議室・宴会場、クラブインターコンチネンタルを備えます。

唯一温泉があるホテル

ANAインターコンチネンタル別府HPより引用

本当に絶景の一言。

朝も昼も夜も様々な顔を覗かせてくれる景色でした。

別府を構成するのは「別府八湯」と呼ばれる8つの温泉地。

別府のシンボル「竹瓦温泉」がある別府温泉、「地獄めぐり」で有名な鉄輪(かんなわ)温泉、白濁した湯と郷愁を誘う湯の花小屋の風景が楽しめる明礬(みょうばん)温泉、他にも亀川温泉、浜脇温泉、観海寺温泉、堀田温泉、柴石温泉と、泉質はもちろん、歴史や成り立ち、風情に至るまで実に多彩です。

サウナも完備していました。
※一部スチームサウナは感染予防のためやっておりません

デラックスツインの部屋を予約

今回宿泊したのは、デラックスツインの部屋。

洗面所が2つあるのもポイント高いですね。

お風呂も大きいです。

大浴場と露天風呂があるので、あまり入らないかもしれませんね。

外の眺め。

反対側の方が景色良さそうです。

ソファでくつろぐこともできます。

雨が降っていましたが、止んで虹が見えたのが素敵でした。

ラウンジとプール

ここは露天風呂がある1階のラウンジ。

洗練されていて落ち着いたラウンジです。

この音響がすごくて、なんとも表現できない音色でリラックスできました。

外に出るとインフィニティプールがあります。

気温によって温水にもなるプールでした。

温泉から上がった後にここでゆっくりすることもできます。

Go To を利用し宿泊費はなんと…

本当に素晴らしいホテルでしたが、お値段もさすがでした。

通常だと「79,500円」もしますが、今回Go Toトラベルを利用した料金は

40,983円」です。

プラス、10,000分の地域共通クーポンが発行されたので実質「30,983円!

なんと61%割引き!

めちゃくちゃお得です!

やはりGo Toは使わないと損ですね。

まとめ

【ANAインターコンチネンタルホテル別府】の宿泊記をお届けしてきました。

素晴らしいホテルですし、露天風呂も別府市を一望できる絶景はここでしか味わうことができないと思います。

今回、初めて大分県に行きましたが魅力的なところです。

新鮮な魚、とり天、カボスなど大満足でした。

またゆっくり行く機会があれば散策したいと思いました。

皆さんも国内旅行に行くプランがあれば、是非大分県も候補地として入れておいて下さい。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

[contact-form-7 404 "Not Found"]

コメント