【普通預金0.2%】あおぞら銀行BANK支店 

経済

皆さん、こんにちは。

元外資系ホテルマンのマイルトリップです。

今回のテーマは【普通預金0.2% あおぞら銀行BANK支店】です。

こんな方は是非ご覧ください。

✔︎金利の良い定期預金を探している

✔︎ネット銀行を作ろうと思っている

✔︎ゆうちょ銀行が近くにある

あおぞら銀行には3つのタイプがあります。

①あおぞら銀行(有人店舗)
②あおぞら銀行BANK支店(ネット銀行)
③GMOあおぞらネット銀行

今回は②あおぞら銀行BANK支店の解説をしていきます。

1.あおぞら銀行BANK支店のメリット、デメリット

あおぞら銀行BANK支店は《若者向け》に作られています。

複雑な金融商品はなく、《定期預金》《投資信託》の金融商品のみ取り扱いしています。

早速ですがメリット、デメリットをまとめてみました。

まずはメリットから。

【メリット】

✔︎金利が高い(無条件)

✔︎ゆうちょ銀行ATMが無料(回数制限なし)

✔︎BANK The Savings

金利が高い(無条件)

金利0.2%は国内で1番良い数字です。

他行と比較をするとよりわかります。

■イオン銀行 0.15%(イオン銀行Myステージで「プラチナステージ」の場合)

■楽天銀行 0.1%(楽天証券との口座連動サービス)

■住信SBIネット銀行 0.01%(SBI証券との口座連動サービス「ハイブリッド預金」の場合)

他行も良い金利ですが、ポイントは《条件付き》であるということ。

あおぞら銀行BANK支店は《無条件》で0.2%を獲得することができます。

ゆうちょ銀行ATMが無料(回数制限なし)

ゆうちょ銀行ATMであれば回数制限なく何度でも引き出し可能です。

もし最寄りにゆうちょ銀行ATMがある方は良いでしょう。

BANK The Savings

《デビット積立》《毎月定額積立》《手動積立》があります。

《デビット積立》は1〜100%まで割合を自分で決めてます。

例えば10%で設定した場合、デビットカードで1000円決済するとその10%100円が積立に回ります。

《毎月定額積立》は毎月1000円から積み立てが可能です。

《手動積立》は自分で決めたタイミングと金額で積立が可能となります。

そして、あおぞら銀行BANK支店のすごいサービスがもう一つ。

それが《Bank The Story》です。

[人生を豊かにするお金の使い方]を提案してくれるサービスです。

蒔絵やフランスの伝統菓子作りなどの体験を紹介してくれます。

Bank The Savingsに目標登録することも可能です。

次はデメリットです。

【デメリット】

■振込手数料無料の回数が少ない

■キャッシュレスとの相性

振込手数料無料の回数が少ない

BANK支店のVisaデビットカードを月1回以上使用すると月1回無料となります。

さらに増やすには月末預金残高500万円以上にすることで月3回無料となります。

楽天銀行や住信SBIネット銀行に比べるとハードルが少し高いように感じます。

キャッシュレスとの相性

対応しているスマホ決済がメルペイのみとなっています。

スマホ決済全盛期の今、メルペイのみというのは少し不便な気がします。

2.あおぞら銀行BANK支店を作るのに向いている方

あおぞら銀行BANK支店を作るのに向いている方はこちら。

✔︎シンプルに銀行として機能を利用したい

✔︎まとまったお金がある方

✔︎ゆうちょ銀行ATMが最寄りにある

私は基本的にSBI証券を使っていることから住信SBIネット銀行がメイン、サブでまとまった預貯金はあおぞら銀行BANK支店に預けるのが良いと思っています。

3.注意点

注意して頂きたい点はこちら。

■webからしか口座開設できない

■金利が下がる可能性がある

webからしか口座開設できないのでwebを使い慣れていな方には不便かもしれません。

最近他行でも金利を下げたところもあるので可能性としては考えられます。

まとめ

普通預金0.2% あおぞら銀行BANK支店】のご紹介をしてきました。

普段から利用する銀行口座ですのでご自身合ったものを見つけていきましょう

大きく分ければ楽天銀行、イオン銀行、住信SBIネット銀行など大体絞られてきます。

是非これを機に銀行口座の見直しをしてはいかがでしょうか。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

[contact-form-7 404 "Not Found"]

コメント