【ANA】ハワイ渡航者の隔離措置、免除! 【羽田〜ホノルル線】

マイル

皆さん、こんにちは。

元外資系ホテルマンのマイルトリップです。

今回は【ハワイ渡航者の隔離措置、免除 羽田〜ホノルル線】についてです。

ハワイは何度か免除されたり、閉鎖したりと繰り返していましたが、この度また隔離措置を免除して渡航できるようです。

ハワイに行ったことない私にとっても嬉しいニュースです。

また閉鎖の可能性もありますが…。

14日間の自己隔離を免除

米国・ハワイ州は11月6日、日本からの渡航者に対し到着後の14日間自己隔離を条件付きで免除する措置を始めました。

全日本空輸(ANA)は同日、東京/羽田〜ホノルル線を約7か月ぶりに運航し、64人の乗客がホノルルへ出発。

ハワイ州が日本向けに開始した「事前検査プログラム」では、日本を出発する72時間前以内に指定の医療機関でPCR検査等を受診し、陰性証明書を取得すれば、ハワイ到着後の14日間の自己隔離が免除される。

米国本土からの渡航者向けには10月から同様の措置を取っており、外国向けでは日本が初めて対象となった。

ANAは11月6日、東京/羽田〜ホノルル線を3月23日以来、約7か月ぶりに運航。

この午後10時15分東京/羽田発のNH186便が、事前検査プログラムが適用される初めての便となりました。

機材は246席仕様のボーイング787-9型機が使用され、64人(ビジネスクラス13人、エコノミークラス51人)が利用した。ANAによると、乗客の国籍の割合は日本人と外国人が半々程度だという。

なお、同社の日本発ホノルル線としては、10月5日・19日に東京/成田〜ホノルル線が1往復ずつ運航されているようです。

東京/成田発は5日に27人、19日に35人が利用。

今後の予定

今後、11月20日、12月11日、25日、2021年1月1日、15日に同路線を運航する計画(現地発は翌日)。

11月20日出発便の予約数は6日時点で66人(予約率26.8%)だという。

東京/成田〜ホノルル線は前述の10月の2往復以降、2021年1月末まで運航の予定はない模様。

事前検査プログラムの開始を受け、ANAエアポートサービス旅客部の久沢弘太郎部長は「一つ山を超えた」と話し、「まだまだ搭乗率は物足りないが、少しずつ乗っていただければ」と需要回復に期待を寄せています。

ヨーロッパは見立てが立たず

欧州で新型コロナウイルス感染拡大の第2波が深刻化。

今春に続く都市封鎖(ロックダウン)に踏み切ったフランスでは、6日の新規感染者が6万486人と、初めて6万人を超過。

新たな死者数も828人を記録し、累計4万人に迫っている状況。

イタリアは新規感染者が3万7809人と過去最多を更新した6日、全土に午後10時~午前5時の夜間外出禁止令を発令。

高校も閉鎖して遠隔授業とし、週末にはショッピングセンターも閉鎖される。

アテネなど都市部での夜間外出禁止令を出していたギリシャでも7日から全土でのロックダウンが始まり、外出には証明書の携帯が義務付けられる。

さすがにこのような状況で渡航は困難でしょう。

今年はもちろん、来年以降いつ頃から渡航できるかも現段階ではわからないでしょう。

まとめ

【ハワイ渡航者の隔離措置、免除 羽田〜ホノルル線】について解説してきました。

PCR検査を受けることで、ホノルル到着後14日間の自主隔離が免除されることが発表されました。

今後のコロナウィルスの感染状況によりますが、徐々に運航便も増えていくことでしょう。

ヨーロッパはまだ時間がかかりますが、アジア圏もシンガポールはじめビジネストリップを開始しています。

旅行好きな私としても早く海外旅行に行けることを願っています。

また、航空関係者の方の尽力には感謝しかありません。

改めてありがとうございます。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございます。

[contact-form-7 404 "Not Found"]

コメント