【株価上昇】テスラ S&P500に採用!

投資

皆さん、こんにちは。

元外資系ホテルマンのマイルトリップです。

今回は【テスラS&P500に採用!】についての解説です。

こんな方はぜひご覧ください。

✔︎S&P500に注目している

✔︎今後の株価が気になる

✔︎今後のアメリカ経済の動向が気になる

【S&P500過去最高値更新】でもお伝えしましたが、S&P500が好調です。

今後、まだまだ伸びていくのか、それともこれから落ち着いていくのか、解説していきます。

テスラS&P500に採用!

S&P500は16日、米電気自動車メーカー、テスラを構成銘柄として採用することを発表しました。

四半期の銘柄入れ替えの一環として、12/21の取引開始に実施。

テスラと入れ替えになる銘柄の企業名については、実施が近づいてから別に公表される予定。
採用が伝えられたことを受け、テスラの株価は16日の米株市場の通常取引終了後の時間外取引で一時15%値上がりした。

9月の四半期入れ替えでは見送られたものの、過去数カ月にわたるS&P500種への採用観測がテスラ株の押し上げ要因となり、株価は今年に入り5倍近くに上昇。
その結果、同社の時価総額はS&P500種に採用される銘柄としては過去最大の約3900億ドル(約40兆円)に達した。

テスラの組み入れ比率は、投資・保険会社バークシャー・ハサウェイやヘルスケア製品メーカーのジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)、プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)に近く、影響力の最も大きい銘柄の一つになる。

S&P500は、テスラの時価総額の大きさを考慮し、一度に採用すべきか2つのトランシュに分けて採用すべきかについて、投資コミュニティーからのフィードバックを求める意見公募を行う予定。

✔︎時価総額約3900億ドルはs&p500に採用される銘柄では過去最大

✔︎米株市場で一時15%上昇

S&P500採用基準

S&P500は、米国株式市場のパフォーマン スを表す主要ベンチマークの 1 つとして、世界的に広く認識されています。
S&P500は単純に大型株500銘柄から構成されているのではなく、主要産業の主要企業をカバーしています。
S&P 500 は米国株式市場全体を幅広く表す指数であり、ニューヨーク証券取引所や NASDAQ に上場している普通株式などで構成されています。

【採用基準】

時価総額が61億ドル以上

②浮動株比率が50%以上

4四半期連続して黒字

時価総額に対する年間売買高が10%以上

上記の条件を揃えた、優秀な企業のみがS&P500に採用されます。

ちなみに、日本の場合は東証一部上場となりますが、その基準は250億円とされているので規模感がまるで違います。

この時価総額も定期的に見直しがあり、前回は53億円→今回61億ドルに上昇しました。

今後のS&P500の動向

結論からいうと

【伸びる】

ことが予想されます。

理由としては、「ワクチン開発による経済界回復の見込み」が1番の要因となりそうです。

しかし、中長期的に見ていくと「中国企業」の躍進が目立つ可能性があります。

ここ10年S&P500に投資するのは、1つの最適解の可能性が高いのは間違いなさそうです。

まとめ

【テスラS&P500に採用!】について解説してきました。

今回のまとめは以下の通り。

✔︎時価総額約3900億ドルはs&p500に採用される銘柄では過去最大

✔︎米株市場で一時15%上昇

✔︎今後もS&P500は伸びることが予想される

米国株投資家にとっては、チャンス到来です。

ベースは【長期】【分散】【積立】ですから、長期投資家にとってはやることは「淡々と続ける」ことのみです。

今後もS&P500には注目です。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

[contact-form-7 404 "Not Found"]

コメント