【幸福論】当たり前なんてない 生きてるだけで丸儲け

近況

皆さん、こんにちは。

元外資系ホテルマンのマイルトリップです。

今回は【当たり前なんてない 生きてるだけで丸儲け】についてです。

こんな方は是非ご覧ください。

✔︎今年大変なことばかりだった

✔︎悩みが多い

✔︎精神的に疲れている

今年は新型コロナウィルス感染症により、大きく世界が変わりました。
まさか、東京オリンピックが中止になるなんて、誰が予想したでしょうか。
【当たり前なんてない】ということがよくわかる一年だったと思います。

【当たり前】は薄れていく

普段、何気なく朝起きて、会社に行って、帰ってご飯食べて、寝るという1日。
この一つ一つの出来事に対して、何の感情も起きないと思います。
それは当然で、【当たり前】だからです。

しかし、これは【当たり前】ではないんです。

私は海外旅行が好きで、毎年どこかしらには行きます。
なぜ海外旅行が好きなのか、それは日本にない雰囲気を味わえることもありますが、1番は「日本の良さを再確認できること」です。
例えば、トイレ。
海外旅行に行くと、トイレ探しに苦労します。
トイレットペーパーがなかったり、汚かったり。
日本に帰ると、どこに行っても綺麗なトイレがあります。
日本には【当たり前】に素晴らしい環境や食事が存在します。
普段から【当たり前】の環境があり過ぎて、気付けないようになっているのです。

健康も同じです。
元気なうちは、「自分はずっと健康でいられる」と思い込んでいます。
しかし、歳を取れば免疫が落ち、体力も衰えます。
普段から健康を気遣っている人は別ですが、大抵の人はそうではありません。
病気になって初めて気づくのです。

「もっと健康的に過ごせば良かった」

と。
今ある健康が【当たり前】だと思っています。
どれだけ、今ある環境や健康が幸せなことなのか。
これを再認識するべきです。

死なないと思っている

これを読んでいる人に質問です。

「もし、明日死ぬのであれば、何をしますか?」

きっと、嫌なことや嫌な人とは過ごさないでしょう。
そして、その1日を大事に過ごすはずです。
時間は有限です。
この思いで生きている人はどのくらいいるでしょうか。
多くの人は、明日も【当たり前】のように生きれると思っているでしょう。
恐らく今日と同じように生きれるでしょうが、この毎日を大事に過ごしている人と、そうでない人とでは人生大きな差が広がります。

自分の人生を生きていない人も同様です。
この真意は「人の悪口」「人の不幸」、他人に時間を使っている人達です。
これらは本当に時間の無駄です。
自分の時間の大切さが全くわかっていないのです。
SNSやテレビなど、他人に時間を使うのはやめましょう。
自分や大切な人のために時間を使うべきです。

生きてるだけで丸儲け

「人生、、生きてるだけで丸儲け」

こんな言葉を聞いたことあるでしょうか?
これは明石家さんまさんの言葉です。
私はそこまでさんまさんのことを知りませんでしたが、先日ある番組でさんまさんの半生を描いた物語をみてこの言葉の意味を知りました。

さんまさんは、人の意見に対し否定的な発言をしません。

「やってみなはれ」

と言うそうです。

「失敗なんてない。失敗から何を学んで次に活かせるかどうかや!」

きっと、様々な困難や失敗経験があると思いますが、本人は失敗と思っていません。
その経験を活かそうという意欲があります。
これを繰り返していくと行き着くのが

【人生、生きてるだけで丸儲け】

超絶ポジティブな考え方ですね。
「どうせ最終的に上手くいく」、そして生きている限り、チャンスはあるということ。
素晴らしい考え方ですし、たとえ困難にあっても乗り越えるエネルギーがあります。

まとめ

【当たり前なんてない 生きてるだけで丸儲け】について話をさせて頂きました。

今年は誰もが予想しなかった世界になりました。

考え方としては、これ以上、下がっていくことはないと思うことが大事だと思います。

目の前にある環境、友人、家族、時間の大切さをしっかり噛み締めましょう。

こんなこと言っていますが、実は自分に対してのメッセージかもしれないと書いていて思いました。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

[contact-form-7 404 "Not Found"]

コメント