【悲報】余裕ができたら…はいつまでもやらない人

経済

皆さん、こんにちは。

元外資系ホテルマンのマイルトリップです。

今回のテーマは【余裕ができたら…はいつまでもやらない人】についてです。

 

私も仕事柄、保険の見直しや資産運用の相談をよく受けます。

そこで相談者から

「今は余裕がないので、タイミングができたら…」

とおっしゃる方が少なからずいらっしゃいます。

 

【結論】

この人は余裕ができてもタイミングが来てもスタートできない

 

その理由を解説していきます。

 

 

1.なぜ余裕ができたらスタートしたいのか

 

営業マンや販売経験がある方は「余裕ができたら…」「タイミングが合ったら…」というワードを聞いたことあると思います。

私自身も経験があります。

なぜこのような発言をするのでしょうか。

これらが考えられます。

 

◇興味がない

◇悩んでいる

◇後悔したくない

 

興味がない

純粋に興味がない。

はっきり断れないがため、このような発言が出るのでしょう。

 

 

悩んでいる

興味はあるけどすぐに買うか悩んでいる人。

理屈があって悩んでいるのであれば良いですが、なんとなく悩んでいるケースは前に進むことができないでしょう。

 

 

後悔したくない

特に商品が高額だから踏み切れない人。

買った後に「やっぱりやめておけば良かったなぁ」と思いたくない。

 

 

2.スタートしないから余裕がない

 

興味がない人は置いといて。

 

「悩んでいる」「後悔したくない」

この二種類の人達はなかなか物事をスタートさせることができない傾向にあります。

私が今、何かを提案する機会があり「余裕ができたら…」「タイミング合ったら…」と言われたら…

 

提案をやめます

 

何故なら、その人はきっと決断できない人だから。

悩んでいるから動けないんじゃなく、動かないから悩むんです。

後悔したくないから動けないんじゃなく、動かないから後悔するんです。

 

そもそも、失敗を恐れていては何もできません。

失敗=経験

となるからその後見極めができるようになり、判断基準が作れるのです。

 

Give&Take】でもお伝えしましたが、ずっと考える人はTakerの可能性が高いです。

考えるというのは相手の時間を奪うことにもなるということを理解していません。

人間関係にもよりますが、人の気持ちを考えられる人ほど相手を思い決断が早いです。

もしくは期限を決めることができます。

 

3.行動してみる

 

行動してみることが一番です。

サッカーをやったことない人がサッカー批判しても説得力ありません。

行動することで見えることがあります。

失敗含めてです。

 

私自身もたくさんの失敗をしてきました。

借金、人間関係、キャリアなど。

今となっては全て経験して良かったと思います。

RPGの主人公を思い浮かべて下さい。

苦しいことや修行を積むことで経験値が増え、レベルが上がっていきます。

人生も同じで苦しい経験、大変な思いをすることで恐れがなくなっていきます。

 

恐怖=知らない

 

知っていれば恐れはなくなっていきます。

 

 

現代は不安定なことが多い中で生きていかなくてはなりません。

自ら行動することが大事です。

 

 

まとめ

 

「余裕ができたら…」という人は少なからず周りにいるかと思います。

そんな時に言ってあげて下さい。

「余裕がないからやらないのではなく、やらないから余裕がない」

と。

人間関係を考えて言葉を選ぶことが大事です。

近しい人には直球で言ってあげるのが良いですし、距離がある人には言葉を選んで伝えてあげるのが良いでしょう。

人生今が一番若い日です。

思った時から行動していきましょう。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

[contact-form-7 404 "Not Found"]

コメント